三島屋 本店

こだわりの製法と、        きな粉味の融合『塩味饅頭』

忠臣蔵のふるさと播州赤穂の銘菓「塩味饅頭」。元禄の世から現在にまで愛されている特産品です。赤穂でただ一軒、ガスや電気ではなく薪を使った昔ながらの製造方法で丁寧に作られる三島屋本店の自家製餡は、北海道の小豆と赤穂の塩、砂糖のみを使い、無添加でやさしい味になっております。やわらかいらくがんのような外皮と自慢のこしあんでできた塩味饅頭は、口の中に入れると溶けてなくなる。お土産はもちろん、「塩味饅頭なのにやわらかい」と、地元の人にも大好評です。

瀬戸内海国立公園赤穂御崎に60年。全国菓子博覧会で数々の賞をとっている三島屋本店の塩味饅頭は、従来からある白、抹茶に加えて、きな粉味がおすすめ。三島屋本店のみ販売するきな粉味の塩味饅頭は、きな粉のかおりが香ばしく、新しいがどこか懐かしい味。食べなれた人にも、初めての人にも、是非召し上がっていただきたい逸品です。
包装紙は幕末の著名な浮世絵師「橋本玉欄斎貞秀」の三枚綴りの作品「忠臣蔵義士本望の図」より作られ、その原本は三島屋主人が所有しております。
春夏秋冬を通じて、大変美しい赤穂御崎へお越しの際は、田淵記念館100メートル手前、三島屋本店へぜひお立ち寄りください。

Information

【店名】 三島屋本店
【住所】 赤穂市御崎341-1
【TEL】 0791-42-2024
【営業時間】 8:00〜19:00
【休日】 なし
【駐車場】 1台

一覧ページに戻る

MAP