平家ゆかりの村

小野豆の集落は麓からだと道が狭く、小型バス(9人乗り)がやっと通れるような山道です。
高台には、平清盛の実弟・経盛の墓と伝えられ、平家塚と呼ばれる五輪塔が建っています。

経盛が隠れていた穴

寿永4年(1185)、壇ノ浦で源氏との戦いに敗れた平経盛たちが、相生の入江に上陸し、人目を避けて隠れ住んだ穴とされている『ジャンジャン穴』。
しかし、源氏の追っ手に見つかり、助かる見込みがないと判断した平経盛は断念し、自害したと伝えられています。










平家塚伝説の簡単なストーリーはコチラ