播州赤穂駅から南へ出て頂き、お城通りを歩いて頂きますと左手に駐車場がございます。
その駐車場の裏に位置するのが【随鴎寺】。
敷地面積は他のお寺と比べると広めです。

元和2年(1616)に開創された臨済宗の寺院で、山号を江西山と称する。
その開山の雲甫は不生禅を確立した盤珪の師である。
寺の裏は熊見川とともに水軍の屯所としての役割も担っていた。

近藤源八のお墓

源八の父・正純は赤穂城の縄張りをした人である。