大石良雄手植えのハゼの木

大石良雄元服の折(1673年、15歳と考えると、338年前)に何本か植えたもの!ハゼの木の前で深呼吸したら金運UP効果があるかも☆

花岳寺の大石名残(なごり)の松

名残の松とは、元禄14年の事件後、内蔵助が赤穂を去るに当たり、本堂裏の大石家先祖の墓にお詣りし、松の木に別れを告げ、名残りを惜しんだことによります。
この名残の松を触って願いを込めたら願いが通じるとか☆

伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)

赤穂市内で最も古い神社で、市内唯一の延喜式内社です♪
神社は赤穂浅野家第三代藩主浅野内匠頭長矩(たくみのかみながのり)公が、天和3年(1683年)前方海上の御前岩(灯台あり)の上から、現在地に移した。とのことです。
海も目の前なので天地のパワーも同時に得られること間違いナシ♪


続きはコチラ