@元禄14年(1701年)3月14日まで「赤穂藩士」
赤穂浅野家三代目藩主である浅野匠頭長矩(たくみのかみながのり)公が、江戸城内松の廊下において、指南役の吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)に刃傷(にんじょう)におよび、長矩公は即日切腹し、赤穂藩は幕府に没収され、断絶した。


A元禄16年(1703年)2月4日まで「赤穂浪士」
赤穂藩士は浪人となり、大石内蔵助良雄(くらのすけよしたか)ら四十七士は亡き殿様の無念を晴らすため、元禄15年(1702年)12月14日吉良邸に討入り、見事、吉良上野介の首級を挙げ、幕府に自訴し、元禄16年2月4日に寺坂吉右衛門を除く四十六士は、江戸で切腹した。


B元禄16年(1703年)2月4日以後は「赤穂義士」


C大正元年(1912年)11月、赤穂大石神社創建し、赤穂義士は人神(じんしん)として祀られ「○○の命(みこと、尊)」となる。
例えば、大石主税良金は、「大石主税良金命(ちからよしかねのみこと)」と呼ばれる。



< 戻る >