Story of the 47 LOYAL SAMURAI〜Chushingura〜

 Some 310 years back in (1701),it was a peaceful era called Genroku in Japanese history.In those times,the Tokugawa Shogunate,which had conquered the whole country throughout Japan by force of arms,was taking the reins of the government,led by the fifth Tokugawa Shogun,Tsunayoshi.The Tokugawas had assumed the helm of State,but every governor in Japanese history till that time never forgot respect for the Imperial Court.
 Every New Year,it was customary for the Tokugawas to send envoys to present to the Emperor a large sum of money and other gifts as a token of the New Year's greetings.In March,the Emperor in return dispatched his envoys to Edo (present-day Tokyo) to express his thanks to the Tokugawas.
 On such occasions,the Tokugawas customarily appointed some daimyo,or feudal lords,as entertainers to attend to the Imperial envoys during their stay in Edo.But,the daimyo,being originally bushi,or warriors,knew well how to fight,but were not versed in difficult manners and etiquette on how to welcome guests.therefore,an adviser for the daimyo was appointed at the same time.It was one of the customs established under the Tokugawa rule.
 On the 14th year of Genroku (1701),the Court envoys from Kyoto arrived in Edo on the 11th of March.Asano-Takuminokami,who was the lord of Ako in the province of Harima (present-day Hyogo Prefecture),had been appointed as an Official Entertainer.Kira-Kozukenosuke the Grand Master of Ceremonies of the Shogun,had been appointed as an Adviser.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今は去ること約310年の昔(1701年)日本の歴史の中でも平和な元禄時代のことでした。
その時代は、武士によって日本中を支配し、政権の座に君臨していた徳川5代将軍綱吉の世でありました。
当時天皇は、日本の西に位置する京都に住んでおり、政治には関与していませんでした。
徳川家は国の政治を一手に動かしていましたが、日本の歴史において、全ての統治者たちは、決して皇室に対する尊敬の念を忘れたことはなかったのです。
新年を迎えて徳川家は例年のとおり、京都の天皇に使節を送り、新年のあいさつのしるしとして、多額の小判や、そのほかいろいろな贈り物をするのが、ならわしとなっていました。
3月には、これに対し、天皇の方から江戸(現在の東京)への使節を派遣し、徳川家に対し感謝の意を表明したのです。
この場合、徳川家は、ならわしとして、ある大名とか領主を天皇の使節が江戸に滞在している間の接待役に任命しました。
しかし、大名というものは、元来武士であり戦闘員ですから、いくさの方法はよく知っていても、使節をどのように接待するかという礼儀や、むつかしい作法については精通していませんでしたから、彼らの指南役が同時に任命されたのです。それは、徳川の治世のもとで確立された一つのならわしでした。
元禄14年(1701年)に天皇の使節たち(勅使・院使)が京都から江戸へ到着したのは、3月11日でした。
公式接待役として播磨国(現在の兵庫県)赤穂の領主浅野内匠頭が任命されました。
そして高家筆頭すなわち将軍家の儀典長である吉良上野介が指南役に任命されました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 The ceremony proceeded smoothly and was about to end without any incidents.However,on the third day,the 14th of March,there was a
quarrel between Official Entertainer Asano and Adviser Kira.Asano suddenly struck Kira with his sword.
 This happened on a very important day;the Shogun Tsunayoshi himself was to express his thanks to the Imperial envoys.The incident took place on the corridor (Matsu-no-Roka) leading to the Grand State Hall where he was to do so.
 The Shogun Tsunayoshi got very angry and forgot about the rule that stated,“when a quarrel breaks out in the Edo Castle,both parties involved shall be punished.”Asano,who had drawn his sword at Kira was ordered to commit seppuku (disembowelment) on that very day.On the other hand,Kira,who was slightly injured,not only went unpunished,but was sympathized with and warmly encouraged to be assiduous in his duties again when he got well.
 The reason for the quarrel is still unknown to this day.What could have been the reason? One theory is that the quarrel resulted from Kira's false guidance to Asano,which led Asano to make various mistakes.According to this theory,Kira treated Asano this way because Kira was greedy and was displeased with the insufficient amount of presents Asano had given him when he had asked him for his guidance.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

儀式は平穏に終わろうとしていました。しかし、その3日目にあたる3月14日、公式接待役である浅野内匠頭と、そのアドバイザーである吉良との間に口論があり、そして、浅野内匠頭は突然刀を抜いて吉良を襲ったのです。
その日は、将軍綱吉が天皇の使節に、彼みずからが謝意を表す非常に重要な日でありました。
その事件は将軍が謝意を表すこととなっている公的儀式の間(白書院)に通じる廊下(松の廊下)でおこりました。
将軍綱吉は非常に怒り、「一度江戸城中で、ケンカがおきると、そのケンカに関係した双方が罰せられねばならない。」というきまりを忘れてしまいました。吉良に切りつけた浅野は、その日のうちに切腹を命じられました。しかし、傷ついた吉良は罰せられることなくすみ、逆に同情され、傷が治ったら再び彼の職務に専念するよう、温かくも勇気づけられたのです。
そのケンカの理由は、今日に至るも知られていません。では何がその理由なのでしょうか。一説によると、「浅野に対する吉良の偽りの指導により、浅野はさまざまな誤りをおかしたことが、結果ケンカになったと言われています。それは浅野が吉良に、指導を願ったとき、吉良に贈った贈り物が十分でなかった。吉良は欲が深かったため、それを不愉快に感じたからです。」とも言われています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 When Asano was ordered to commit seppuku,according to the rule of the time, his servants were to be evicted by the Tokugawas out of the castle in which they lived.On the 16th of April,Tokugawa's messengers headed towards Ako to confiscate the castle.
 Meanwhile,Oishi-Kuranosuke the chief councilor in charge of the castle,made up his mind to surrender the castle to Tokugawa peacefully and appeal to the Shogun that Asano's younger brother Daigaku be allowed to work for the Tokugawas for the revival of their lord's family status.
 Some of the servants preferred to fight against the Tokugawa messengers by shutting themselves up in the castle than to surrender.
 Some of them were of the opinion that they should go to Edo and kill Kira to honor their Lord whose resentment towards Kira was so strong that he was willing to throw away his life,his castle,and his servants.It didn't matter what he did.
 And there were some who wanted no part in performing illegal activities and criticized shogun's judgement.
 Although it was a peaceful age,there is exited an idea among samurai or bushi that “if one's lord should be insulted,his servants must die for him in loyalty,” and also an attitude that “even in one's lord were not to behave like a lord himself,servants must act like servants even more so than a lord should act like a lord.” These were called bushido,or the samurai spirit.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

浅野が切腹を申し渡された後、彼の家臣たちは徳川家により、その時代のきまりに従って、今まで住んでいた地から追い払われることになりました。
4月16日徳川の使者が赤穂(兵庫県)におもむき城を没収したのです。
他方、城代家老の大石内蔵助は平和的に城を徳川家に明け渡し、そして浅野内匠頭の弟 大学により、主君の家を再興することを、徳川幕府によって許可してもらうよう、将軍に対し訴える決心をしました。
幾人かの家臣は、徳川の使者に対し、大切な城を枕に戦うことを選びました。
幾人かの者は、主君のふるまいがどうであれ、家臣と城を捨て、彼自身の生命をも投げ出した主君を想い、江戸に行き吉良を殺すべきであるという意見でした。
そして幾人かの者は、不法な行動を起こすことなく、(その裁きに対し)非難することを考えました。
その時代は平和な時代ではありましたが、侍とか武士の間では「もし主君が、はずかしめられたら、その家臣は忠義により主君のため死なねばならない。」そしてまた「主君がたとえ主君らしくない行動をとっても、家臣はより家臣らしくなければならない。」という考えが存在していました。この考えは、武士道であるとか侍精進と呼ばれていました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


》》》 N e x t p a g e