総本家かん川

  • 特産品、
  • 赤穂塩

今はむかし、元禄の夢はるか・・・

『忠臣蔵のふるさと』であり、『赤穂塩』の産地として全国にその名を知られている播州赤穂。 その地で、昔から変わらぬ味を守り続ける総本家かん川の『しほみ饅頭』。 毎日職人が北海道十勝地方の小豆を、赤穂の水で丁寧に炊き上げ、赤穂塩を充分に効かせて練り上げた餡を、国産の寒梅粉と細かく挽いた砂糖を合わせた生地で包み込んでおります。 塩を使った饅頭は『正月事始の雅』には京洛の宮家や江戸の将軍家への献上菓子にも用いられるほど珍重されるようになり、赤穂義士の討ち入り後は『義士まんじゅう』、『大石まんじゅう』と、もてはやされて播州赤穂の名をさらに高めました。

総本家かん川の『しほみ饅頭』は、赤穂市内の旅館・赤穂観光協会内売店等でも販売させて頂いております。

Google Mapで見る