息継ぎ井戸

  • 歴史、
  • 名所旧跡、
  • 市街

赤穂義士が一息ついた井戸

江戸での浅野内匠頭による刃傷事件の第一報を知らせるため、元禄14年3月14日の夕刻に赤穂藩士、早水藤左衛門、萱野三平が早かごで江戸を出発。 赤穂城下に着いたのは3月19日の早朝でした。 155里(約620km)の行程を4昼夜半早かごに揺られ続けた両人は、城下に入りこの井戸の水を飲んで一息ついたといわれ、以来、息継ぎ井戸と呼ばれています。

  • 住所
    〒678-0239兵庫県赤穂市加里屋息継ぎ広場
  • アクセス
    JR播州赤穂駅から
    ・徒歩5分

Google Mapで見る