随鴎寺

  • 歴史、
  • 記念館ほか、
  • 市街

元和2年(1616)に開創された臨済宗の寺院で、山号を江西山と称する。

元和2年(1616年)に雲甫和尚(1568~1653)により開創されました。雲甫和尚は、不生禅を確立した盤珪禅師の師です。 昔、唐船島付近の海に鴎が多く集まり、当寺からこれを一望できたことにより寺号にしたと言われています。寺の東は、熊見川(千種川)に面し、裏は舟入に接し、浅野時代は西隣りの遠林寺と共に、水軍の屯所としての役割を担っていました。

  • 住所
    〒678-0239兵庫県赤穂市加里屋2163−1
  • アクセス
    JR播州赤穂駅より徒歩10分
  • 駐車場
    あり

Google Mapで見る