赤穂緞通加里屋工房

  • 歴史、
  • 体験、
  • 市街

江戸時代から続く想いを織り込んだ本藍染の赤穂緞通

赤穂緞通(あこうだんつう)は江戸時代末期、「児島なか」によって考案されました。
すべて手作業によるものなので、その独特の色合いと文様は当時の人気を得、皇后の御召列車や東宮の御船、枢密院玉座の敷物として利用されるなど、堺、鍋島と並ぶ三大段通として発展しました。

織る様子の見学、機械体験ができます。
(体験は有料。5日前までに要予約)

Google Mapで見る