東有年・沖田遺跡公園

  • 歴史、
  • 名所旧跡、
  • 北部

兵庫県指定文化財に指定された遺跡公園

縄文時代後期(約3500年前)から室町時代(約600年前)にかけての遺構や遺物が数多く見つかった場所です。 特に弥生時代後期の大型竪穴住居や密集して見つかった古墳時代後期(約1400~1450年前)の竪穴住居は重要な遺構であり、平成4年に兵庫県指定文化財に指定されています。 園内は道を挟んで南側が弥生時代ムラ、北側が古墳時代ムラに分かれ、発掘された当時の住居を再現しています。

  • 公式サイト
    https://www.city.ako.lg.jp/edu/shougai/shisetsu/bunka/okitaiseki.html
  • 住所
    〒678-1185兵庫県赤穂市東有年1936
  • アクセス
    JR播州赤穂駅から
    ・車18分
    JR有年駅から
    ・徒歩36分
  • お問い合わせ
    0791-49-3993
  • 定休日
    火曜日(祝日の場合は翌日)
    年末年始(12/28~1/4)
  • 開園時間
    10:00~16:00
古墳時代の住居跡からは須恵器、土師器、ミニチュア土器、鉄鏃(矢じり)、紡錘車(糸を紡ぐ道具)など、当時の生活をしのばせる道具が多数出土したほか、古墳時代のものとしては、全国的にも珍しい土馬(土で作った馬の模型)も見つかった場所である。

※入園料は無料

Google Mapで見る